元気に明るく楽しい毎日にしたい・・・!!!


by village-resena
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

母とロン

昨日、母、長女と映画「マーリー」を観てきました。

実家には昨年1月2日生まれのミニチュアシュナウザーがいます。

母はたまに「ロン手に負えへん。一日ロンに振り回されるわ」と愚痴をこぼします。
私「でもいいこともあるやろ」
母「そんなんないわ」と・・・。

テレビで上映コマーシャルを見て是非観に行こうと思っていました。
笑えました。

ロンの困りごと

おしっこをトイレトレイにしているつもりがはみ出て床に。
床や柱や本棚の父の書類やアルバムをかじりまくる。
散歩にでると走り出し、他の犬に吠えまくる。
母がそばにいないと餌を食べない。
マウンティング。

です。

昨晩、実家で泊まり寝ようとすると、
ロンがいかに賢くてかわいくて、母の言うことがよくわかっているかを語ってくれました。

成功です!!!

母とロンには私には入れない絆ができています(笑)
by village-resena | 2009-03-31 13:18 | 私 & 家族

神戸

昨日、長女の院修士課程終了式に行ってきました。
振袖を着るので雨が心配でしたが、パラパラ程度で済みよかったです。

長女の着物は蘇州刺繍の桜柄です。
購入するとき、季節を選ぶのではと思いましたが国花なので大丈夫だそうです。
宇野千代さんも桜がお好きで年中お召しでした。
でもやっぱり秋に桜はちょっと?かも・・・。
昨日はこの着物で正解でした。


d0133475_1453667.jpg
d0133475_147154.jpg


謝恩会が終わるまで一度行ってみたかった西宮ガーデンズへ。
関西初出店のCOLD STONEに並びました(笑)

d0133475_14104894.jpg



昔デパートの屋上で長女と次女が金魚すくいをしていて、
次女がトイレに行って長女がひとりの時に塾の同級生にみつかり
すっごく嫌やったと言っていたのを思い出しながら
ベンチにひとり座り美味しくいただきました。

今年長女の下宿のルームメイトが卒業されるので
3月から次女とふたりでお部屋を借りています。
忙しくて自宅に帰ってこれない時、
夜3時頃にひとりで山を降りてくると聞いてちょっとびっくりしていますが・・・。

昨日着物から着替えるため初めて部屋に入りました。
二人でアルバイトをしてお家賃を払っていますが、
多分全体で6畳ほどの小さなワンルーム。
眠るためだけなので十分だそうです。
窓を開けると遠くに海が見えていました♪

帰ってきて、夫と二人食事をしながらテレビを観ていると、
NHKで長女と同じ年の森山未来の大震災ドキュメント番組が放送され
娘たちが通う大学も映っていました。

14年前、大阪でも今までにない長い揺れを経験。
国道2号線沿いにある夫の実家は全壊しましたが
母は先に亡くなっていましたので、直接には被害はありませんでした。
神戸は学生時代をすごした思い出ののある街。
当時テレビをみながらなぜだか涙がでてしかたがありませんでした。

今娘ふたり神戸におります。
14年は地球の歴史からすればほんの一瞬・・・。
大阪羽曳野市にも断層が走っています。

しっかり今日を生きたいです。
by village-resena | 2009-03-26 14:21 | 私 & 家族

神戸♪

金曜日午後から久しぶりに神戸に行ってきました。

まずはポートピアホテルに。
25日水曜日にある長女の卒業式で振袖の着付けをお願いしているので、
着物一式を運びこみ、髪形の相談をしてきました。

前一面に大きな鏡・・・コワイ~。
娘たちが「この頃ママえらいことになってるで~笑」と言っていましたが、
自分のことは案外わからないもの・・・普段鏡をみないわけではないのですが・・・
わかりました・・・!!!えらいことになってます・・・!!!

夫にその話をすると「がまの油売りのがまみたいやなあ」と
なんじゃそれ???

その後、私はイケアに降ろしてもらい
夫は先輩宅での卒業パーティーに行く長女を三宮まで送っていきました。

イケアを一回りした後、もうひとつの目的地、
杉村 徹・くさ田正樹展中のトアロード リビングス ギャラリーへ。

大好きな杉村さんの棚、テーブル、チェアー、器がたくさん拝見できました。
やっぱりすっきりで、あたたかくて、かっこいいです!!!!!

今、器ご注文させていただいていますが、届くのがとっても楽しみです。

くさ田正樹さんのガラス、すごく透明でシンプルで大好きになりました。
「これはとらやさんからご注文を受けてつくられたものだそうです」
とオーナーさまが教えて下さった抹茶碗のような形の器・・・
実際はようかんを盛られたそうです。

n107で生マシュマロ(買ってきます 笑)をお出ししてもきれいだろうなと
小さな器いただいてきました。

とっても素敵なお店とオーナーさまでした。
又伺いたいです!

北野クラブで次女が大学時代の友人の結婚式に出席していたため、
前を通って帰りました(笑)


25日水曜日、長女の卒業式、謝恩会後、私が着物を持って帰ってこないといけません(?)
のでn107休ませていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。
by village-resena | 2009-03-22 11:14 |

土曜日のお客さま

土曜日、n107に叔母、従弟夫妻と赤ちゃん、そして母が遊びに来てくれました♪

一昨年12月に670グラムの超未熟児でうまれたAちゃん。
おかげさまで今はすくすく元気に育ち、「む~す~ん~で~」を披露してくれました♪

多分娘が幼かった時以来、久しぶりに抱いた小さな子・・・
すべすべもちもちお肌につぶらな瞳、バラの花びらのようなちいさな口・・・
「こんなん欲しい~!!!」と思わず言っていました(笑)

とっても嬉しく楽しいひとときでした!!!

d0133475_18314359.jpg
d0133475_18361882.jpg


そして大きなリュックとを背中に、大きなバッグをキャリーに積んで高知県から
広川絵麻さんが来てくださいました♪

岐阜、神戸と回られ、その日は京都にも行かれる予定で
あまりゆっくりはお話できませんでしたが、新しい素敵な作品を拝見しました。

絵麻さんの小さなお湯のみ、n107でも使わせていただいていますが
手にすいつくような感触がとってもここちよいです。

今回お会いするのは3度目になりますが、
絵麻さん曰く、「今まではお互いよそいきの顔をしていましたね 笑」
もしかして又大阪のおばちゃんしてしまった?

藤永 愛さんも仰っていましたが、絵麻さんお若くかわいいですが、
きっととっても芯が強い頭の良い女性です!

またゆっくりいろいろ教えていただきたいな。

茶のベレー帽がとってもよくお似合いの絵麻さんでした。
by village-resena | 2009-03-16 09:05 | galerie n107

瀬戸から

ご紹介が遅くなってしまいましたが、
瀬戸の野口 淳さんと安達 健さんから器たちが届いています♪

野口さんはとっても話題が豊富でお電話で楽しいお話を聞かせてくださいます。
器の種類も本当に豊富で、みていると心があたたかくなります!
今回は瀬戸まつりでいただいたものをお願いしていたのですが、
平湯のみが湯のみに・・・(笑) 
サンプルで送ってくださった素敵な器たち、ご好意でいただいてしまいました。
また改めてご注文させていただきます!

d0133475_14141445.jpg


安達さんが送ってくださったのは黄土・焼〆の碗と片口碗。
前回の赤土・白化粧・長石釉のものも素敵でしたが、
今回のものは渋くてかっこいいです!
安達さんの器つくりに対する強い意志と若い情熱もかっこいいなと・・・。
陶芸しろうとの私が言うのもなんですがこれからの器が楽しみです!

d0133475_14142768.jpg

by village-resena | 2009-03-09 14:04 |

私の仕事

3月から水曜日と土曜日のA.M.11~P.M.5 n107 開けています。

とにかくお店を開けていることが目下の私の仕事かなと思って(笑)
レシートにgalerie n107の印字をできるようにしたり、お花を活けたり、
たま~に入ってきてくださるお客さまとお話したりしています。

d0133475_17152853.jpg
d0133475_17183023.jpg


そんな中、初めてwebからご注文いただいたお客様に無事器をお届けでき、
嬉しくありがたいメールをいただけました。
お会いはできませんが、器大好きな方とのメールのやりとり・・・
とっても楽しいことでした♪

そして次の土曜日、愛知県でのグループ展に参加されている
高知県の広川絵麻さんが来てくださいます。
嬉しいことです♪

主婦だけの生活ではかなわなかった楽しみ・・・
たま~~~に主婦だけの頃もよかったかなと思うけどね。
by village-resena | 2009-03-08 16:02 | galerie n107

作家のお客さま

今日、常滑から藤永 愛さんが来てくださいました。

n107への初めての作家のお客さまです♪

愛さんはご出身の福岡で大学を卒業後、大阪で何年か就職をされていたときに陶芸を習われ、
常滑に移られたそうです。

私は愛さんの器のモダンな形や彩色が大好き。

これからはもう少し明るめの色を出して行きたい。
食の器としてお料理がはえるものを作っていきたいと
とってもかわいい笑顔で真摯に語ってくださいました。

楽しみです!

いつかはご両親がいらっしゃる福岡で窯をもてればとおっしゃる愛さん。
「お互いがんばりましょうね」とお別れしました。
またいろいろ教えていただきたいです。


それはそうと、大阪大好き、大阪弁大好きと言ってくださった愛さん。

大阪で生まれ育った私はもちろん当たり前に大阪弁を喋っているのですが、
大昔、友人と北海道旅行中、たぶん札幌の横断歩道ですれ違ったおじさんに
「君ら、漫才師みたいやな」と言われたことを思い出しました。

大阪弁、大阪のおばちゃんくせありかなあ?
喋っている本人はわかりません(笑)
でもひょう柄のセーターは持ってません!
by village-resena | 2009-03-03 18:18 | galerie n107